はとバスのオープンバス

はとバスの2階建てオープンバス(屋根なし)で東京の桜を堪能【動画アリ】

こんにちは。
はとバス非公認ブログの柴田です。
新型コロナウィルスの緊急事態宣言解除ではとバスのツアーがやった再開されました。そこで2021年3月24日に「【2階建てオープンバス】東京さくら回廊」に参加しました。
はとバスといえば東京観光を楽しめる観光型のバスです。
はとバスにもさまざまなバスの形がありますが、なかでも特に人気の車両が二階建てのオープンバスです。
誰もが一度は乗ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。
はとバスのオープンバスについて、ご紹介していきたいと思います。

はとバスの屋根なしの車両オープンバスとは

オープンバス
2021年3月24日撮影の2階建てオープンバス

はとバスの二階建てオープンバス、車両といえば「オー・ソラ・ミオ」です。
屋根なしのオープンバスになり、東京の風を肌に感じながら、
ダイナミックな景観を楽しめる特別なバスです。
東京タワーや銀座、浅草、虎ノ門ヒルズなどの東京の名所を駆け巡るツアーになり、基本的に途中下車して観光する場所が決められています。

なかでも、海にかかったレインボーブリッジにオープンバスで
乗るときの眺めは最高です。
バスから見る眺めは東京の高層ビルも空に飛んでいる
飛行機やヘリコプターなども特別に見えます。
オープンバスは夜景を楽しめるものもあり、爽快な風とともに
ロマンチックな夜景も楽しめます。コースによっては観覧車に乗って絶景を眺められるものもあります。

ただしオープンバスの車両は屋根がないため、外気の気温が直に影響します。
そのため夜は冷え込み乗車時間も長いのでしっかりと防寒対策を行うのをおすすめします。

2021年3月24日参加の「【2階建てオープンバス】東京さくら回廊」

4か月ぶりのはとバスツアーの参加です。
東京駅丸の内南口のバス停からお昼の12時30分出発のコースです。
同じ時間帯に3台同時出発でオープンバスの人気コースです。
コースは東京駅を出発してJR四ツ谷駅のほうまで行き、折り返してきます。
世用時間はだいたい1時間です。

オープンバスの感想と注意点

何といっても屋根がないことが特徴です。
ツアーに参加した日は晴天で桜が満開です。頭上に広がる桜が必見でした。
オープンバスの難点はとバスの車種にくらべると席が狭いです。
また、風が直接体に当たるので帽子やサングラスなどが飛ばされないように配慮しなければいけません。
他の車種にない注意点として自撮り棒でのスマホ撮影が禁止されています。
席が狭いため他のお客さんの邪魔になったり、頭上の通過物に接触する危険があるからでしょう。
私はジンバルを持参しましたが、使用しませんでした。

また、安全上の観点から3歳以下の子どもは乗車できないように設定されています。実際に乗車できる4歳以上になるとこども代金がかかりますので、子どもの年齢によってもかかる費用に違いがあります。

オープンバスの値段

今回参加した2階建てオープンバス】東京さくら回廊は2,100円(税込み)でした。
もともとGoToトラベルキャンペーン対象ではないツアーのため、GoToトラベルキャンペーンが実施されていない時期に向いているかもしれません。

他にはとバスのオープンバスはどんなコースがあるの?

オープンバス
2021年3がtぐ24日のオープンバス

はとバスのオープンバスあるコースについて説明します。

TOKYOパノラマドライブ

最も人気のあるコースになり、東京駅を出発して、
国会議事堂や東京タワー、銀座やお台場などの東京の
見どころを満喫するプランになります。
東京タワーを下から眺めるからこその絶景を楽しめます。
お台場に行き、レインボーブリッジや東京湾も楽しめます。
約1時間程度のコースになり、1日最大16便も運行しています。
終了は東京駅になるので、幅広く観光を楽しめます。

極まるTOKYO夜景

バスで東京の夜景を巡るツアーになります。
光り輝く町並みを楽しめるツアーになり夜風にあたりながら、
東京の夜を楽しみます。お台場の大観覧車つきなのもあり、
お得感もあります。毎日18:30に出発して21:00に
終了するコースになります。基本は車窓より楽しむコースにあり、
観覧車に乗るときのみ下車するコースです。

煌めくナイトビュードライブ

バスで巡る、東京の夜景と美味しい夕食がセットになったコースです。
夕食は浅草ビューホテルの「スカイグリルブッフェ武蔵」になり、
目の前にはスカイツリーが広がります。国会議事堂や虎ノ門ヒルズ、
東京タワー、レインボーブリッジ、お台場、浅草雷門などを巡るコース
になります。
毎日東京駅から18:40分に出発して22:00までの比較的長めの時間設定です。

まとめ

はとバスのオープンバスは、屋根がないからこそ、
通常のバスとは違った絶景が楽しめます。バスに乗ってのんびりと
東京を観光できるのも贅沢な時間ではないでしょうか。
夜景のコースもとてもロマンチックですし、
カップルで参加して楽しむのもおすすめです。
オープンバスならではの楽しみ方もありますし、
東京観光も含めてこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。


関連記事


はとバスで【体験して面白かった】日帰りツアーランキング


おすすめ記事


最近の記事

  1. はとバズグッズ

    2021.05.04 | はとバス雑談, ブログ

    はとバスのおもちゃ・グッズ・トミカを紹介。どこで購入できる?
    はとバスの楽しみ方の一つに「グッズ」を購入することがあり…
  2. はとバスの男性ガイド

    2021.04.28 | はとバス雑談, ブログ

    はとバスに男性ガイドはいるのか?答えは→います
    はとバスに乗るうえで楽しみの一つが「ガイド」さんではないで…
  3. はとバスのピアニシモ3

    2021.04.25 | はとバスの車両について, はとバス雑談, ブログ

    はとバスの車両「ピアニシモⅢ」とは?革張りのシートにトイレ付き
    はとバスの車体のなかでも最上級車として話題なのが「ピアニシ…
  4. はとバスのフォルテシモ

    2021.04.22 | はとバスの車両について, はとバス雑談, ブログ

    2003年に運航開始したはとバスの車両「フォルテシモ」について
    はとバスの車体のなかでも機能性とデザイン性の高さもあり、グ…
  5. はとバスでいちご狩り

    2021.04.20 | はとバス参加体験, ブログ, 日帰りツアー

    はとバスでガイドさん絶賛のいちご狩(千葉県のちはる農園)
    こんにちは。はとバス非公認ブログの柴田です。今回は2021…

体力不安なのでりぃこうができない方へ

旅行をしたいけれど、高齢で体力に自信が無く旅行ができない。など何らかのご事情で旅行ができない方に代わって旅行をして旅行動画を作成、納品するサービスを行っています。気になる方は代理トラベルサイトまで。